はじめての方へ

宣教教会は2019年に創立60周年を迎えたプロテスタントのキリスト教会です。

この祖師谷の地で、子どもから高齢者の方々までのあらゆる世代の人が集まっている姿は、

まさに神様によってひとつとされている家族のようです。

「私たちは神様によって愛されている」ことを皆で信じ、喜び、感謝しています。

愛とは、一瞬のものでも、耳元でささやく甘いものでもありません。

神様の愛は永遠で、私たちを救います。その愛を一緒に分かち合いたいと願っています。

皆様のお越しを心よりお待ちしています。

宣教教会主任牧師

児玉武志

よくあるご質問

礼拝について

Q.礼拝はいつやっていますか?
A. 毎週日曜日10:30から行っています。教会学校(幼児から小学生までの礼拝)と中高科(中高生のための礼拝)は9:00からです。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在は会堂で集まっての礼拝は中止しています。

Q.礼拝には信徒でなくても参加できますか?
A. どなたでも大歓迎です。神さまは信仰の有無にかかわらずすべての人を愛し、だれが礼拝に来ても喜んでくださいます。どうぞ気兼ねなくご参加ください。予約なども必要ありませんが、心配でしたら事前にご連絡ください。

Q.礼拝では何をしていますか?
A. 礼拝では共に讃美歌を歌い、お祈りをし、聖書のことばを読み、牧師や教師の説教に耳を傾けます。神さまをほめたたえ感謝を捧げるとともに、聖書のことばを通して慰めや励まし、人生の指針をいただきます。「週報」という礼拝のプログラムが受付に用意されているので、詳しくはそちらをご覧ください。

Q.礼拝にはどんな服装で行けばいいですか?
A. 普段着で大丈夫です。

Q.礼拝への参加に必要な持ち物はありますか?
A. 何もありません。どうぞ手ぶらでお越しください。貸し出し用の聖書や讃美歌集のご用意もございます。

Q.礼拝には参加費は必要ですか?
A. 入場料や参加費などは一切ありません。礼拝の中では献金の時間がありますが、献金は神さまの恵みに対する感謝の表れとして各自が自発的に捧げるものです。カゴが回って来てもそのまま次の方に渡してくださってもかまいません。

Q.礼拝はバリアフリーですか?
A. 車いすや歩行が困難な方のためにエレベーターがあります。また1階・2階ともにバリアフリートイレもあります。目の不自由な方のためには点字の聖書も用意しています。 お手伝いが必要な場合はご遠慮なく受付でお申し出ください。

Q.子連れでも礼拝に参加できますか?
A. 当教会では子どもたちも一緒に礼拝に参加しています。小さなお子様連れでも礼拝堂に一緒に入っていただいて構いませんが、中二階の母子室もご利用いただけます。授乳スペースもございます。静かに礼拝に参加できるよう、子どものためのおもちゃや絵本も用意しています。教会ではみんなで家族のように子どもたちを見守っていきたいと考えていますので、子育て世代の方も安心してお越しください。
月に一度の「ウエルカムサンデー」礼拝では、子ども向けのやさしいお話しや、児玉牧師による人形劇の上演などもあります!

わたしたちの教会について

Q宣教教会はどんな宗派ですか?
A. 宣教教会はプロテスタントという宗派で、その中でも日本福音キリスト教会連合(JECA)というグループに所属しています。

Q.教会は日曜日以外に行くこともできますか?
A. 月曜日は、教会は閉じていますが、その他の日は日曜日以外でも牧師や教会スタッフが教会におります。平日にも祈りの会や世代ごとの集会など、さまざまな集まりがあります。詳しくは集会案内をご覧ください。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在は教会で集まっての集会は中止しています。

Q.駐車場はありますか?
A. 教会の敷地内に駐車場があります。

Q.教会でわからないことがあったらどうしたら良いですか?
A. わからないことがありましたら受付係や案内係、またはお近くの教会員にお気軽にお尋ねください。

Q.どのような人が教会のメンバーになっているのですか?
A. 信仰を告白し当教会で洗礼を受けると当教会の「教会員」になります。教会員は総会での投票権を持ち、予算・人事・活動内容などの重要な事柄を教会員同士の議論と投票によって決めています。

教会員以外にも教会にはたくさんのメンバーが集っています。教会員の家族や友人、普段は他の教会に通っている人、まだ信仰を持っていない人、キリスト教に興味がある人、信仰って何だろうと考えている人、なんとなく居心地がいいから来ている人・・・・どなたも大切な教会のメンバーです。

Q.教会では礼拝以外にどんなことが行われているのですか?
A. 月に二回礼拝後に昼食を共にしたり、世代別の集会や子どものためのお楽しみ会をしたりしています。イースター、ペンテコステ、クリスマスなどの時期にはいろいろなイベントも用意されています。日曜日の午後のプログラムは週ごとに異なりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。また、平日は婦人のための集まりやお年寄りのための会、祈祷会も行われています。

Q.一度行ったら勧誘されますか?
A. 初めて来られた方には「新来会者カード」にお名前や連絡先のご記入をお願いしていますが、書いて頂かなくても構いませんし、ご記入いただいた場合でもしつこく勧誘するようなことはありません。ご希望される方にのみ、イベントや集会のお知らせをお送りする場合があります。

キリスト教について

Q.聖書を読んでも理解できないのですが、どうしたら良いですか?
A. 聖書は完璧に理解できなければいけないような書物ではありません。クリスチャンでもわからないことがたくさんあり、一生かけて理解を深めていく書物です。礼拝ではその日の礼拝で開かれる聖書の箇所について牧師や宣教師がお話しいたします。最初は少し難しいかもしれませんが、きっと心に響くことばに出会えるでしょう。聖書を読んで感じたこと、疑問に思ったことを教会のメンバーと話してみることも理解の助けになります。日曜日の礼拝直後には「初心者クラス」も開催されています。
さらに詳しく知りたい場合は、牧師までお声かけください。

なお聖書には様々な訳がありますが、私たちの教会では「新改訳2017年」という聖書を使用しています。

Q.お祈りの最後に「アーメン」と言うのはなぜですか?
A. 礼拝では誰かが代表してお祈りしますが、それを聞く人も「私も同じ気持ちです」という気持ちを表すために「アーメン」と唱和します。一人でお祈りする時も「今のお祈りは心からのお祈りです」という意味で「アーメン」と言います。

Q.洗礼(バプテスマ)とはなんですか?
A. イエス・キリストを救い主として信じた人が、その信仰を公にする儀式です。結婚する人がそのことを公にして結婚式を挙げることに似ています。洗礼を受けると教会の教会員になります。

Q.牧師は神父とは違うのですか?
A. 神父はカトリック教会の聖職者ですので、プロテスタント教会には神父はいません。プロテスタント教会では聖書のことばを伝え教会を導いていく人を「羊飼い」という言葉からきた「牧師」という役職で呼びます。

Q.キリスト教ではクリスマスは大切なのですか?
A. 教会ではイエス・キリストの誕生を祝うクリスマスを特別に祝います。クリスマス前の四週間を「アドベント(待降節)」と呼んでいます。この時期には初めて教会に来られる方も参加しやすいイベントが多く用意されています。同じように、イエス・キリストの復活を祝うイースターや教会の誕生を祝うペンテコステも大切なお祝いです。クリスマスと異なり、イースターとペンテコステは毎年日にちが異なります。

その他

その他どのようなことでも、ご質問やお悩みがありましたら、牧師や教会のメンバーまでお気軽にお声かけください。